世界のねじを巻け!

本の感想やいいなと思った話を載せていきます

村上春樹の凄さ

 

 

今日は自分の好きな村上春樹さんの凄さについて語っていきたいと思います。

 

嫌いな人の意見もわかる

村上春樹さんの作品を嫌いという人の意見に「主人公が気取り過ぎている」というのがありあます。

 これは自分もよく分かります。村上春樹さんの物語の主人公はジャズやクラシックを聴くことが多く、外国人作家の小説を読んだりしています。食べ物や飲み物もお洒落なものが多いです。

爆笑問題の太田さんの批判が面白くて「主人公が気取り過ぎてるんですよ、だってこいつらサンドウィッチ作って食べたりするんですよ」っていうのがありました。サンドウィッチぐらい食べでいい気がしますが(笑)。作って食べるというところがポイントなんでしょうね。無駄な手間暇を楽しんでるというようなスタンスが気取っていると感じるところなんだと思います。

これは致し方ないことだと思います。漫画なんかでも結構ストーリーが面白いと言って薦めてるのに絵が嫌いと言うようなことはあると思います。

読んで嫌いな人は致したないですが、是非読んでみてください。

 

自分の思う村上春樹さんの凄さを挙げて行きたいと思います

 

 

  ストーリー展開の工夫

村上春樹さんの小説のストーリーは東野圭吾さんのような終盤で目から鱗が落ちるようなどんでん返しがいつもあるとは限りません。また、内容自体は失踪した友人・恋人・妻を探しに行くと言うような内容のものが多く、ホットな社会現象を取り上げていると言う訳ではありません。

それでも、ストーリーの組み合わせ方が秀逸で読書者を惹きつけます。

 

 2つの物語パターン

「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」や「海辺のカフカ」、「1Q84」などの作品は2人の主人公の物語が平行して交互に進んで行きます。 

これによって一つの物語の主人公がピンチになると、もう一つの物語に切り替わると言うような展開が可能になっています。テレビのCMまたぎや週またぎの様な場面で物語を切り替えることで伏線段階のもう一つの物語を読むモチベーションを上げています。小説全体を通して一定の緊張感が保たれており、どんどん次のページに進みたくなります。

また、一見全く関係ない様な2つの物語がどういう風に関係していくのか自体も読者の興味掻き立てます。

このパターンは大ヒットした映画「君の名は。」でも用いられいるパターンなので物語を面白くする手法としては定着しているのかなとも思います。

 

回想・手紙などのパターン

2つの物語パターンはある程度長めの物語の時に使われがちですが、中編程度長さの物語では物語の途中で回想や長めの手紙などを間に挟むことによって緊張感が高まった状態の物語に緩急を入れています。

これは「スプートニクの恋人」や「ノルウェイの森」などで用いられたパターンです。

村上春樹さんの作品以外でもワンピースとかは特に戦闘シーンの切迫した状況で回想に入ると言うようなことはよくありますよね。

 

 スラスラ読める簡潔なの文書  

自分の中で良い小説の条件として、何処のページを何処から読み出しても面白いというがあります。

村上春樹さんの文書は簡潔でテンポが良く、文書がスラスラ映像に変わります。

特徴の一つに爆笑問題の太田さんの批判にもあった様にサンドウィッチを作る過程などを細かく描したりしています。こう言ったストーリーとは直接関係ない描写まで生き生きとして面白いのでどのページも面白い作品になっています。

 

 

リアリティのある物語とファンタジックな物語

村上春樹さんの作品には「ノルウェイの森」に代表されるようなリアリティのある物語と「羊を巡る冒険」に代表されるようなファンタジックな物語があります。

そして、アジア地域ではリアリティのある物語が人気であり、西洋地域ではファンタジックな物語が人気であると言われています。

ただ自分的にはリアリティのある物語とファンタジックな物語にはそれ程差がないように思います。というのは主人公の抱えている問題は意外と共通しているのかなと思います。ストーリーはそれに付随するものに過ぎません。

 

受賞暦

群像新人文学賞(1979年)
野間文芸新人賞(1982年)
谷崎潤一郎賞(1985年)
読売文学賞(1996年)
桑原武夫学芸賞(1999年)
フランツ・カフカ賞(2006年)
世界幻想文学大賞(2006年)
朝日賞(2007年)
早稲田大学坪内逍遙大賞(2007年)
バークレー日本賞(2008年)
エルサレム賞(2009年)
毎日出版文化賞(2009年)
スペイン芸術文学勲章(2009年)
カタルーニャ国際賞(2011年)
小林秀雄賞(2012年)
ヴェルト文学賞(2014年)

 

以上、自分の思う村上春樹さん凄いところをまとめさせて頂きました。

 

自分的に最初に読むとしたらおすすめの作品は「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」です。序盤から終盤までテンポが良く、伏線の回収もしっかりさせているのでモヤモヤ感も少ないかと思います。